FC2ブログ
屠殺、犯罪、などの社会問題ブログです。 私のホームページはhttp://fp2web.fc2web.com/です。 ↑URLをコピーしてアドレス欄。

VIP キタ━ (゚∀゚) ━ ッ!!

日本は軍事国家化へと移行するか?アジアのキューバと化すか?
防衛省は笑いが止まらないでしょうけどね。毎年の予算配分でかなりの金額を割り当てられるとは思うのですよ。軍事国家化すれば。

石破もこれは見逃す手は無いでしょう。

最近、福田のパンダレンタル問題で、中国と。竹島問題で韓国と。北方領土問題でロシアと、仲が悪くなってきているのですね。

まあ、日本は、戦後からアメリカの言いなりになってきてた訳ですが。特に自民党は。

こんな売国党は、時期解散総選挙で永久に内閣入り出来ないようにしてやりましょう。

福田チンパンジー見てても、あれほど勇気が無い総理大臣はいないでしょう。

中国の属国化を日本に望んでいるかと思いましたね。

今の民主党が政権を取ったら、何年後かは分かりませんが絶対に日本の防衛問題が浮上するとは思いますね。良いことか悪い事かは日本に残る人たちが討論していかなければならないでしょう。


ただ、軍事国家化すれば、ファシズムの台頭になりますから、国民の全員にとって良いことではない。

今まで、日本はアメリカから牽制されていたから、軍事国家や共産主義国家に出来なかった訳ですよ。本来なら自民党は、戦後すぐにでも共産主義国家にしたかったわけです。

そうすれば、一族末代までずーっと食える。

下手に逆らうマスコミや人民は、中国のように弾圧すれば良い。

賄賂や特別会計もやりたい放題。

役人も以前のようなやりたい放題が出来るようになる。

インターネットも何でも規制。特にアダルトはね。

警察も第2次世界大戦の特高の需要が高まる。

以前のような不祥事は無くなっていく。

今のような変な平等主義は無くなり、中国共産党のような完全支配が訪れると言う事ですね。

天皇制は、第2次世界大戦の例があるので、存続させる。

ただ、宗教団体の存在は、今の中国のようなものとなって、国家神道のみとなる。

簡単には、外国にも移住できなくなる。
※事実、海外資産逃避や、海外送金は、難しくなってきている。

事実上の鎖国ですね。

まあ、ゆとりや今の団塊世代が望んでいるのはこのようなことではなく、日本が永世中立国化してしまえば、韓国、ロシア、中国の脅威はまず無くなるのですが。





img20080618221002.jpg
スポンサーサイト
[PR]

| 国家の危機を考える | 09:55 | コメント:0
これからの世界動向
これからの世界動向についてです。

まず、予定としてはアメリカについて言えば、サブプライム問題は、ウォーレンバフェットに助けを求めても駄目だったということで、2013年、2015年ぐらいまで世界の三流国家に転落すると言う事ですね。

まあ、あのアメリカですから、予想よりも早く復活があるや?しれません。

本題は、ロシア、中国、インド、ヨーロッパの一部という好景気に沸きかえっている国々です。

アメリカから離れて、独自の文化を築きながら、NO AMERICA!!と言うわけで。

これらの国々が手を結ぶか、若しくは独自のスタイルでアメリカ以外の真世界秩序が完成するのでは?と思っています。

今後、このような動きが加速するのは結構ですが、日本はある預言者が書かれている通り、2011年に日本経済破綻となるようですね。

それと、その預言者が言うには地球温暖化が主な原因であり、今後世界的な災厄が来るのは避けられないと言う事です。

水不足による国家紛争、陸地が沈む、新たな疫病の発生。地震、津波による大被害。

西暦3000年頃までには、人類の8割が消えてなくなるそうですよ。


信じるかどうかは別にして、いろんな経済学者や、著名な預言者の言動を基にして今回のブログを書きました。




3f477e21.jpg
| 国家の危機を考える | 20:15 | コメント:0
世界の年金
年金制度のない国ってあるのでしょうか?
社会主義国などは年金を納めなくても、もらえるのでしょうか?
他の国の年金制度を教えていただけますか?
お願いします。


↓答え

 以前から世界の年金制度を調べておりますが、これを調べるのは時間と手間がかかります。
 国によって大きく制度が異なり、たとえば、フランスの年金制度は複雑で、これを調べるだけでも相当な労力がいります。
 以前、社会保険労務士の講演「世界の年金制度」の話を聞きましたが、国内はともあれ、国外となると、私のほうがよく知っているくらいでした。それほど、正しい知識を得ることが難しい分野です。

 大学などの年金制度専門家も、たいていは先進数カ国程度しか知りません。しかも実情となると、そこに住んだ人にしか分かりません。したがって、正確な情報を知るのは至難のわざです。

>>年金制度のない国ってあるのでしょうか?

ILOの報告では、「サハラ以南アフリカでは、健康保険や年金制度の適用対象が経済活動人口の1割にも達しません。」となっていますので、アフリカでは年金制度はほとんど普及していないと考えてよいでしょう。
別のレポートでは、「世界の大半の国には公的な年金制度がない」という報告もありまして、公的年金制度のある国の方が少ないのが現状のようです。しかし、先進国では公的年金制度が行き渡っています。たとえば、サミットG8で公的年金制度のないところはありません。またイギリス、アメリカ、ドイツ、スエーデン、イタリア、日本、カナダ、オーストラリアいずれも社会保険方式であり、「世代間扶養」方式をとっています。
 ニュージランドだけは「税」方式ですから、保険料を払わなくとも年金を貰えます。この国はやや特殊でありまして、全居住者を対象とした年金制度ですが、所得比例部分がありません。つまり一定年齢になれば、全員に同じ金額が支給されます。
 
>>社会主義国などは年金を納めなくても、もらえるのでしょうか?

 国によって異なりますが、たいていは保険料を支払います。
 社会主義国である中国でも年金制度はありますが、保険料は個人負担です。

因みに各国の年金データファイルはココ







4034111833.jpg

| 国家の危機を考える | 00:19 | コメント:0
エイズについて
しかしまあ、エイズってなんなんでしょうね?

過去にこれほど人類に影響を与えたへっぽこウイルスはないので

は?

よく2ちゃんのエイズ、HIVスレッドを見ても安全なセックスなど存在し

ないのですね。

例え夫婦でも、ナマでやってたら、かかる可能性があるのがエイズって

奴です。

エイズウイルスは男性女性の精液に含まれているとも言われており、又

ガマン汁もエイズにかかる可能性もある。※ただ、エイズはどこから来

たのか?という件については、いろんな説があり、100%の答えはまだな

いようですね。


一部の識者では、エイズ菌をコンドームに塗っているヨーロッパのコン

ドームメーカーがあるとも言われています。

また、どこかの国が空気ウイルスとして、散布したのではないかと?言

われもいます。

まあ、ある預言者は、エイズは2008年以内に特効薬(ワクチン)が作ら

れると言われています。中国、アメリカ、フランス、日本がやっきにな

ってワクチン開発を進めていますが、100%人の体内からエイズを消滅さ

せる薬が出来たとしても、利権やお金がらみで、レベルが低いワクチン

を作って、それを患者に渡すだけってことも考えられますよね。特にア

メリカみたいな国は。

いま、まあ、エイズに対して利権がらみでなく、ノーベル医学賞を狙っ

ているレベルでエイズワクチンの開発をしている国がフランスです。

かなりの精度のワクチンも最近配布されているようですし、医療費や生

活もしやすい国としても、フランスは良い国ですね。イギリスからも移

民が増えているそうですよ。なんがなし、色んな意味で、オランダとフ

ランスは良いところですね!オランダはインターネットや人権での自由

があります。








f77537715f2c6f1331e15b2f1654804b.png

| 国家の危機を考える | 10:35 | コメント:0
無修正リンクについての考察
私は、前の日記でちょっとした間違いをしました。


これが正しい見解です。よって私のところでは無修正リンクはしないよ

うにしますね。


っていうか、今は無修正リンクは違法じゃなくても、誰かが無修正リン

クの件でみせしめで逮捕、若しくは家宅捜索はできるのですよ。ただ、

裁判で有罪にならなくても、要は、警察の動向次第で何でも出来るとい

うことですね。グレーゾーン商売っていうのは、常にそういったリスク

があります。




広告料を収入源としつつ、アダルトサイトのリンク集を(無償で)運営する場合は、警察への届出は必要ありません。しかし、「猥褻なサイト(無修正映像のサイト)のリンク集を運営している場合、警察の届出以前に、犯罪となるのかな?」といった疑問をお持ちの方はいらっしゃると思います。

この件については、グレーゾーンなので、いまひとつはっきりしたこと
がいえませんが、違法/合法の両見解がありますので、以下に示しておき
ます。

まず、「違法」の見解についてですが、海外の無修正サイトへのリンク
集を作成・公開して捕まった人がいるので違法に違いない、というもの
です。或るサイトの掲示板で読みました。但し、それがいつ、どのよう
な内容で、何の罪状で逮捕されたかについては全く知りません。また、
そもそも逮捕の事実があったのかどうかも不明です。悪しからず。

次に、「合法」の見解についてですが、これは合法というよりも、それ
に該当する法律や判例が見当たらない、といったほうが正確な表現です
ね。このため、以下のような苦し紛れ!?の見解が世間でまかり通ってい
ます。 すなわち、猥褻物公然陳列罪でいう「公然陳列」とは、猥褻な
文書・図画等を「頒布」「販売」「陳列」することを指し、リンク行為
はこのうちの「頒布」に該当する。しかし、その一方で「リンク(HTM
L)自体には猥褻性は認められない」との判断から、頒布の範疇にありな
がらも猥褻物公然陳列罪には該当しない(法的には何ら問題はない)、
という見解です。・・・このため、無修正サイトのリンク集は事実上野
放し状態になっているようです。ただ、本件については今後 法解釈がど
のように変化するか、やや不透明な面もあります。近い将来、摘発の対
象にならないとも限りません。

よって、私個人としては、このようなグレーゾーンのサイト運営はオス
スメできません。最終的にはご自身で判断いただきますようお願い申し
上げます。



botheaderleft.jpg

| 国家の危機を考える | 11:39 | コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

f.com

Author:f.com
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

UDボランティア推進type1

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク