FC2ブログ
屠殺、犯罪、などの社会問題ブログです。 私のホームページはhttp://fp2web.fc2web.com/です。 ↑URLをコピーしてアドレス欄。

VIP キタ━ (゚∀゚) ━ ッ!!

エイズについて
しかしまあ、エイズってなんなんでしょうね?

過去にこれほど人類に影響を与えたへっぽこウイルスはないので

は?

よく2ちゃんのエイズ、HIVスレッドを見ても安全なセックスなど存在し

ないのですね。

例え夫婦でも、ナマでやってたら、かかる可能性があるのがエイズって

奴です。

エイズウイルスは男性女性の精液に含まれているとも言われており、又

ガマン汁もエイズにかかる可能性もある。※ただ、エイズはどこから来

たのか?という件については、いろんな説があり、100%の答えはまだな

いようですね。


一部の識者では、エイズ菌をコンドームに塗っているヨーロッパのコン

ドームメーカーがあるとも言われています。

また、どこかの国が空気ウイルスとして、散布したのではないかと?言

われもいます。

まあ、ある預言者は、エイズは2008年以内に特効薬(ワクチン)が作ら

れると言われています。中国、アメリカ、フランス、日本がやっきにな

ってワクチン開発を進めていますが、100%人の体内からエイズを消滅さ

せる薬が出来たとしても、利権やお金がらみで、レベルが低いワクチン

を作って、それを患者に渡すだけってことも考えられますよね。特にア

メリカみたいな国は。

いま、まあ、エイズに対して利権がらみでなく、ノーベル医学賞を狙っ

ているレベルでエイズワクチンの開発をしている国がフランスです。

かなりの精度のワクチンも最近配布されているようですし、医療費や生

活もしやすい国としても、フランスは良い国ですね。イギリスからも移

民が増えているそうですよ。なんがなし、色んな意味で、オランダとフ

ランスは良いところですね!オランダはインターネットや人権での自由

があります。








f77537715f2c6f1331e15b2f1654804b.png

スポンサーサイト
[PR]

| 国家の危機を考える | 10:35 | コメント:0
無修正リンクについての考察
私は、前の日記でちょっとした間違いをしました。


これが正しい見解です。よって私のところでは無修正リンクはしないよ

うにしますね。


っていうか、今は無修正リンクは違法じゃなくても、誰かが無修正リン

クの件でみせしめで逮捕、若しくは家宅捜索はできるのですよ。ただ、

裁判で有罪にならなくても、要は、警察の動向次第で何でも出来るとい

うことですね。グレーゾーン商売っていうのは、常にそういったリスク

があります。




広告料を収入源としつつ、アダルトサイトのリンク集を(無償で)運営する場合は、警察への届出は必要ありません。しかし、「猥褻なサイト(無修正映像のサイト)のリンク集を運営している場合、警察の届出以前に、犯罪となるのかな?」といった疑問をお持ちの方はいらっしゃると思います。

この件については、グレーゾーンなので、いまひとつはっきりしたこと
がいえませんが、違法/合法の両見解がありますので、以下に示しておき
ます。

まず、「違法」の見解についてですが、海外の無修正サイトへのリンク
集を作成・公開して捕まった人がいるので違法に違いない、というもの
です。或るサイトの掲示板で読みました。但し、それがいつ、どのよう
な内容で、何の罪状で逮捕されたかについては全く知りません。また、
そもそも逮捕の事実があったのかどうかも不明です。悪しからず。

次に、「合法」の見解についてですが、これは合法というよりも、それ
に該当する法律や判例が見当たらない、といったほうが正確な表現です
ね。このため、以下のような苦し紛れ!?の見解が世間でまかり通ってい
ます。 すなわち、猥褻物公然陳列罪でいう「公然陳列」とは、猥褻な
文書・図画等を「頒布」「販売」「陳列」することを指し、リンク行為
はこのうちの「頒布」に該当する。しかし、その一方で「リンク(HTM
L)自体には猥褻性は認められない」との判断から、頒布の範疇にありな
がらも猥褻物公然陳列罪には該当しない(法的には何ら問題はない)、
という見解です。・・・このため、無修正サイトのリンク集は事実上野
放し状態になっているようです。ただ、本件については今後 法解釈がど
のように変化するか、やや不透明な面もあります。近い将来、摘発の対
象にならないとも限りません。

よって、私個人としては、このようなグレーゾーンのサイト運営はオス
スメできません。最終的にはご自身で判断いただきますようお願い申し
上げます。



botheaderleft.jpg

| 国家の危機を考える | 11:39 | コメント:0
日本からUP神がいなくなる日『アフィリエイト収益も期待できなくなる?』
日本からUP神がいなくなる日。まあ意味が分からない方もいると思います。

要は共有ファイルでアップしてくれたり、yourfilehostでエロ動画アッ

プしてくれる人がいなくなるということですね。コノ人のことをネット

では神。エロ画像を提供する女性は女神と言われています。


海外の外国人でアップしてくれる人は、どのくらいいるのかは分かりま

せんが、2008年以降に有益なコンテンツを入手できる人は少なくなり

ますね。

まあ、共有ファイル含めて、有益なコンテンツ『動画など』はネット上

で出回っているのをダウンロードしたら、時価数百億円分だと言われて

いますね。

ただ、2ちゃんの書き込みでも有望なのがかなりありますので、それを踏

まえて、今日は、カキコしていきます。


↓2ちゃんの書き込み


言ってることがむちゃくちゃすぎ。
罰則無いのに逮捕だの、強制捜査だのあるわけないでしょ。

>罰則がないから安心だね♪って、親告罪→非親告罪になるということがどれほど大きな違いかわからんやつが多いな。

法律が変わっても親告罪には変わりありません。

>何のために法律作るんだと思ってるの?法律が出来たら、間違いなくプロバイダが協力するって。絶対そういう条項も盛り込むはず。

憲法に「通信の秘密」(法律では「電気通信事業法」)があるので、検閲はできません。
だから、違法アップロードする人が多い割りに逮捕者数が少ないんだよ。

「警察が疑わしい」お思えば?証拠も無いのに捜査令状は出せません。
というか、罰則無いのに捜査令状は出ません。


もう少し法律を勉強して出直してきなさい。




『私は、憲法に「通信の秘密」(法律では「電気通信事業法」)がある

ので、検閲はできません。ということは知りませんでした。すいませ

ん。ただ、そうなるとダウンロード禁止法は意味無い法律ですね?弁護

士に聞いてみましょうかね?』



でも来年からって言ってるけど、この法律ってかなり曖昧だよな。

確かにP2Pでダウンロードすりゃ、違法になるのはわかるけど、ストリーミングとかもダウンロードしたら、違法になるんだろ?

だったら、P2Pしてなくても、携帯の着メロを非公式のサイトからDLしたら違法になるわけだし、それやってる奴の大半が未成年じゃん。

この場合って、少年法とかの適用になるんかな。

単に家庭裁判所で終わりそうな気配だが。

ってか、P2Pだけ取り締まりたいんなら、ISPに圧力かけりゃいいだけだし、この法律作る意味がわかんね。

例え作った所で、違法DLが減っても、CDとかの売り上げが上がることにはつながらないと思うがな。

だいたい、ネトラジの録音しても、サツにはわからないだろうし、ストリーミングだって、DLしてるのはわからないと思うがな。

パケット見た所で、ストリーミングで見てるだけだと思うだろうし。


アフィリエイト収益も期待できなくなる?



まあ、どんなホームページ見てもオリジナルコンテンツのみで運営して

いる所は少ないでしょう。

2ちゃんねるの文章と著作権画像でアフィリエイト置いて飯食っている運

営者が多いですよね?

特に儲かっているホームページ運営者はそんな感じですよね。

ただ、ダウンロード禁止法が施行されれば、そういうことも難しくなり

ますね。


ネット上で出回っている著作権フリー画像も著作権画像、動画にはやっ

ぱりかなわないですね。

普通の人が、プロの漫画家に絵柄と才能で競い合う事は不可能ですか

ら。GIMPとかでデザインの練習をするのも良いかもしれません。

まあ、オリジナルコンテンツを自分で作れる人はいいのでしょうが。

氷山の一角でしょう。


あらゆる記事も写真も絵も著作権フリーを謳ったヤツしか見れないんだな。
日本のネット\(^o^)/オワタ



今年以内にしこたま落としとけって話ですよね?^^


プロバイダー従量課金制が始まる前にさあ、あなたもダウンロード!ダ

ウンロード!



ほとんどの人がP2Pファイル共有にまつわる数字を知っているだろう。約5000万人の米国インターネットユーザは、ファイル共有プラットフォームを利用している。Gnutella/LimeWireやeMuleといった人気のネットワークは共に、いかなる時点でも、常に800万~900万人のユーザを保っている。そして、BitTorrentは増減はあるにしても、全インターネットトラフィックの30-50%を占めるという。
しかし、我々の大半が聴いたことすらないような、数百万人ものユーザが参加するP2Pの世界がある。何十万人もの日本のインターネットユーザは、暗号化された秘密主義のダークネットを介してメディアを入手している。中国はP2Pテレビのメッカでもある。そして韓国では、主要なP2Pプロバイダが閉鎖を余儀なくされた後ですら、ファイル交換は広く行われている。



共有ファイルに関して結構詳しく書かれてあるブログの紹介です。


| 国家の危機を考える | 10:28 | コメント:0
インターネットサービスプロバイダー『ISP』
皆様のお使いのプロバイダーは良く分かりませんが、私はOCNを使ってい

ます。

今後は勝手が悪いので、プロバイダーを変えようと思っています。

ISP規制情報wikiでも活発に討論されているようです。

eo (K-OPTI.COM)、InfoSphere辺りは良いプロバイダーらしいですね。

あと、2ちゃんねるでISPって検索すると活発に討論されているようで

す。


リアルタイムで、共有ファイルや、ダウンロード、アップロードを規制

していっているプロバイダーが分かります。


まあ、2008年の末ぐらいまでに快適ダウンロード生活を送りたいと思っ

ている人は、この2つの情報は絶対必要でしょう。

2008年には、総務省で既に認可が出た、ダウンロード、アップロードに

対する従量課金制が始まります。


要は、月間かなりのダウンロードしている人は、それに応じた料金を払

いなさいよ。となるのです。


?でもおかしくないですかね?これを私は、日本国家の非常事態だと思

っていますが。大袈裟ではありますが、とうとう日本にもインターネッ

ト規制による、言論弾圧が始まるのかな?と見ています。

まあ、要はインターネットは、自由に討論できる場所では無くなると言

うことですかね。

最近、2ちゃんねるも、著作権などのスレッド関係の過去ログ行きが早く

なっているのです。

ニコニコ動画も著作権団体と仲良くやっていく方向で決まっているよう

ですし、今後、2ちゃんねる利用者の言論もどのようになっていくかが、


微妙ですよね。





| 国家の危機を考える | 01:29 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

f.com

Author:f.com
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

UDボランティア推進type1

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク