FC2ブログ
屠殺、犯罪、などの社会問題ブログです。 私のホームページはhttp://fp2web.fc2web.com/です。 ↑URLをコピーしてアドレス欄。

VIP キタ━ (゚∀゚) ━ ッ!!

2008年多国籍国家日本、おめでとうございます!!  | main | エイズ、2008年には治る病気に!?有名な預言者が予言していた通りになりましたね。
所詮、民主党も国民を愚弄していると言う事か?
2ちゃんをブラウジングしているととんでもない記事に出くわしました!

その内容は、2ちゃんで民主党 プロバイダーと検索すると出て来ます。

↓タイトルはこうです。

【政治】インターネット上の違法・有害サイトの削除をプロバイダーなどに義務付け・民主党が独自法案★3



↓本文はこちら。


民主党は18歳未満の若年者が犯罪に巻き込まれるのを防ぐため、インターネット上の違法・有害サイトの削除をプロバイダーなどに義務付ける法案の国会提出に向け、党内調整を始めた。自殺勧誘や、児童買春の温床とされる出会い系や児童ポルノなどに簡単にアクセスできないようにする狙い。与党との共同提出も視野に入れており、今月召集の通常国会での成立を目指す。

 検討中の法案では、サイト開設者やプロバイダーは違法情報を発見し次第、削除しなくてはならないと規定。違法かどうか明確でなくとも、有害な恐れがある場合は児童が閲覧できなくなるような措置を講じるよう義務付ける。罰則を設けることも視野に入れる。

http://it.nikkei.co.jp/security/news/index.aspx?n=AS3S2400H%2003012008

前スレ(★1:2008/01/04(金) 10:20:04)
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1199421041/



簡単な法律であり、言論弾圧ではないじゃないと言いたいところですが、有害サイトというのは、この場合では民主党にとって不都合なサイトも、ネットで閲覧できなくさせるということですよ。


まあ、2ちゃんのこのスレッドを見て、すぐに驚いた人たちは違法行為を行っている業者達だったでしょうね。有害サイトは単に児童ポルノやワンクリ詐欺業者を指しているのではないのですよ。

まあ、インターネットオンラインカジノ業者や無修正通販、動画業者。あとは出会い系でも法律スレスレやっている業者が驚いたでしょうね。


ただ、個人的には海外の無修正動画サイトを閲覧できなくなるのは、腹が立ちそうでしたが。
ポルノチューブは残してね。


それはさておき、まともなホームページを運営している業者でさえ政府や国家の批判をしているようなページはプロバイダー側で閲覧不可に出来るという解釈にもなるのですね。


民主党は、おそらく今度の衆議院選挙で勝つ事になるのでしょうが、その勝利を継続させる為にこの法律を作成したのでは?とも思えますね。


ただ、民主がやらなくても自民党でもこの法律は作成していたでしょう。


となると、共産党が政権を取ったほうがネットの自由は守れるのか?これは誰にも分かりません。


私は以前に、日本の政治は幼稚すぎるのと、国民全てが幸福になれないシステムになっているのも日本独特の体質だと述べました。だから、早く海外の人と結婚して、ネットの自由があるところに移住した方が良いですよと言っていたのですよ。


日本ていう国は、ただ、ご飯が美味しいだけの国なのですから。日本の料理は世界一ですね!!

もし、この法案が通れば、遅かれ早かれ中国や北朝鮮並みの言論弾圧が起こりうるでしょう。


台湾や韓国のネット事情が日本よりまだマシに感じるほどの。


ただ、2ちゃんねるもちょっとヤバイかもしれないですね。


解決方法はフリーネットしか無いのでは?




【一般的な認識で有害な物一覧】

児童ポルノ(18歳未満の裸体および準裸体全般)
盗撮・盗聴・赤外線撮影モノ(ライ系)
陵辱・残虐マンガ(成年コミック全般)
同人誌・同人ゲーム(エロ系)
死体・ハス画像(グロ系)
変態系ビデオ・雑誌(堂山系・ゲイ雑誌など)
天使ちゃん画像倉庫・萌えjp(変態画像サイト)
Uチューブ・アダルトファイルマン(違法動画サイト)
新興宗教書籍およびサイト(カルト教団出版物)
自殺・失踪マニュアル(死亡モノ)
薬物・鍵開マニュアル(違法モノ)
無修正動画 オンラインカジノ
スポンサーサイト
[PR]

| 求人 | 00:42 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

f.com

Author:f.com
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

UDボランティア推進type1

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク